×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

情報収集/2010年04月14日更新

情報収集

________

正確で、十分な情報をもってタイへ入国してほしいと思います。 それがトラブルを事前に防ぐことにもなります。 まず、日本での情報収集は、タイ国政府観光庁(TAT)と(社)日タイ経済協力協会(JTECS)が頼りになります。 ●タイ国政府観光庁(TAT) タイ国政府観光庁(TAT)は、東京、大阪、福岡にあります。 タイ国内線飛行機や列車の時刻表のほか、地図やホテルのリストももらえます。 イベントなどの最新資料も用意されています。 資料は窓口で請求します。 無料です。 遠方の人は郵送で送ってもらうこともできます。 ●(社)日タイ経済協力協会(JTECS) 「JTECS友の会」は年会費を支払うことで誰でも利用できます。 年会費は学生が3000円、一般は5000円です。 年4回の機関紙が送られてきます。 セミナーや交流パーティなどの催しに割引料金で参加できます。 タイ語講座やタイ舞踊講座も開かれているので、タイの魅力に取り付かれてしまった!という人は、タイを訪れる前にも、そして帰国してからも参加してみるといいでしょう。 タイの現地に行ってからは、タイ政府観光庁(TAT)サービス・オフィスが頼りになります。 バンコク市内のほか、主要な空港および全国22都市にオフィスがあります。 英語可能なスタッフが常駐していますので、町を歩く前にまず立ち寄って、相談してみるといいでしょう。 英語の地図やパンフレットが用意されています。 その他、バンコクなどでは、旅行社向けの月刊誌(『Super Guide』)のほか、日系のスーパー、デパート、ホテルのインフォメーションでは無料の日本語パンフレットが置いてあります。
┌┐
└<>
tiara-love.com出会い系
NTTインターネット申\込
下町のコーヒー屋さん登録無料するには
B FLETSインターネット申\込み
ヤミニバイ

┌┐
└<>

(C)情報収集